【無駄】たるみ毛穴に化粧水は意味がない

たるみ毛穴に効く化粧水。

そんなもんない!

いつまで騙されたら気が済むのでしょうか。

そもそも……

化粧水で肌は変わりません

これ事実。

いや、効果はあるんですよ?

でもたるみ毛穴みたいに、明確に変化した肌状態には無意味。無駄なんです。

たるみ毛穴にいい化粧水なんて何でも一緒です。プチプラでもSK-IIでも大して差はありません。たるみ毛穴に対してはね

化粧水よりもっとやるべきこと。使うべきアイテムがあります。

年の割にたるみ毛穴がない女性って、無意識にこれができている。だから綺麗なんです。

化粧水にこだわっています!

なんて言っている人も、実は他のケアで効果が出ているだけ。化粧水はほぼ無駄なんですよ。

なぜたるみ毛穴に化粧水が無駄なのか?

化粧水って99%水だからです。

肌に水ぶっかけて、だる~んってなった毛穴が消えるのか?

無理でしょ?魔法じゃないんだから。

とろみがある化粧水ならどうか?

とろみがあるから美容液みたいに成分が濃い!

アホか!?

とろみなんて片栗粉でもつくでしょうが。あんなもん増粘剤やヒアルロン酸の量次第でいくらでもとろみがつきますよ。

結局は水です。化粧水は。

水で毛穴が変化するなら教えてほしい。

高級なデパコス化粧水なら効果があるのでは?

デパコス化粧品とたるみ毛穴

ないよ。

関係ないから。

例えばSK-II化粧水。

これは他の化粧水より良いです。これは確か。

ですが、たるみ毛穴に効く要素はゼロです。ほぼね。

高級デパコス化粧水ってつけ心地も香りも良くて、ベタつかなくてラグジュアリーな気分になります。

それはいいのですが、その良さを感じているのは自分の脳だけ。たるみ毛穴がある肌は「それで?」って感じですよ。

だいたい、化粧品って1万円超えた当たりから、「効果」って意味ではどっこいどっこい。

後は使い心地やラグジュアリー感といった「脳」に効く効果だけ。

もちろん、女性は気分だけで綺麗になれるから、その意味ではプチプラにはない効果はあります。

でもそれって継続しないと意味がないので、結局はお金持ちなマダム専用なんですよ。

一般ピーポーは化粧水にお金をかけちゃダメ~。

たるみ毛穴に化粧水がダメなら何をすればいいのか?

たるみ毛穴の化粧水以外の対策

美容液です。

と言っても、かなり限られた美容液です。

条件は、

  • ヒト型セラミド
  • セラミド1か別種の同要素成分

こんなところ。超シンプル。

なぜこの条件かというと、

たるみ毛穴は化粧品で改善できないからです。

じゃあこの美容液も意味ないじゃん!

ってなりますが、ちょっと違う。

この内容の美容液を使い続けると、たるみ毛穴原因の一部が解除されます。

もし、あなたがまだまだ老け込む年齢や状態じゃないなら、自然にたるみ毛穴は少しですが目立たなくなってきます

つまりあなた次第。

ぐっすり眠ったら肌の調子が良くなる人なら可能性大

それだけ肌の再生力がある証拠だからです。

そんな人は、化粧水は最低限の価格帯に変えて、上記条件を満たす美容液にお金を突っ込むべき!

なぜたるみ毛穴は改善しないのか?

たるみ毛穴が改善しない理由

たるみ毛穴は

  • コラーゲンやエラスチンの減少
  • 顔の筋肉の衰え

が原因だからです。

どっちも対策方法はいろいろあります。

ですが、たるみ毛穴を消すまでの効果は期待できないのです。いくらかマシになるかな?といったレベル。

1.コラーゲン・エラスチンは美容皮膚科でも増やしにくい

肌のハリを作っているのは、コラーゲン繊維。さらに強く補強するのがエラスチン。その隙間に埋まっているのがヒアルロン酸です。

これらを化粧品で増やすことは無理です。

塗っても浸透しないし、美容皮膚科のレーザーでも理想通りに増えません。

化粧品では一応レチノールとか効果があるのですが、コラーゲンを生み出す真皮層部分までほとんど浸透しません。だから結果的に効果が出ない。

2.顔の筋肉は鍛えづらく、たるみ毛穴にはそこまで影響しない

顔の筋肉の上に脂肪があり、さらにその上にコラーゲンの層が乗っています。

毛穴はコラーゲンの層まで。

なので、たるみ毛穴の一番原因は、毛穴が貫通しているコラーゲンの層(真皮層)次第。

顔の筋肉は土台なので、確かにここがたるむと毛穴もたるみます。

ただ、真皮層にハリがあるなら毛穴はたるみません。

結局は真皮層。コラーゲンのハリ次第なんです。たるみ毛穴は。

それに、顔の筋肉は非常に鍛えづらいです。

意識的に筋トレしても効果は出にくいです。表情筋なので非常に薄くて量も少ない。腕や足みたいに大きく動かないので鍛えづらいのです。

というわけで、顔面筋トレしてもたるみ毛穴はほとんど解消しないってわけ。

たるみ毛穴の見た目は何とかなる

でも、たるみ毛穴が「悪化する」原因は化粧品で抑えることができます。

今あるたるみ毛穴あって、本人は気づきませんが徐々に悪化していっているんですよ。ものすごくじっくりと。

それと同時に、毎晩寝ている間に、たるみ毛穴を改善しようと肌が頑張っていもいます。

つまり、綱引き状態で今のたるみ毛穴レベルが保たれています。

この均衡状態が崩れると、ドッと毛穴が目立って「老けたな~」となります。

たるみ毛穴が悪化する原因 < 肌の回復力(たるみ毛穴改善効果)

この構図になれば、時間はかかるけどたるみ毛穴は消えていくんです。

さすがに100%元通りにはなりませんが、

  • 肉眼で見ても何とか許せる
  • ファンデーションが毛穴落ちしなくなる

くらいの改善は十分期待できるんですよ。

たるみ毛穴悪化原因はどうやったら防げるのか?

まず化粧水は適当でいいです。お金に余裕がある人だけこだわってください。

まあこだわらなくても大差ありませんけどね。

こだわるべきなのはヒト型セラミド美容液。たったこれだけ。

なんでか?

それはたるみ毛穴が悪化する原因を知れば分かります。

【原因1】コラーゲン、エラスチンの生まれ変わりが減る

たるみ毛穴の原因は、肌を支えている皮膚が緩み、肌表面が重力に負けて垂れる。その結果、毛穴が下に引っ張られて涙上になるのがたるみ毛穴。

重力に負ける理由は肌のハリですよね。

このハリを作っているのはコラーゲンの網です。それを補強しているのがエラスチン。

どれもタンパク質から作られます。

肌のたるみは、このハリを作るネットが劣化するからです。

量が減るのではなく、ボロボロになってしまうため、たるんで毛穴もだら~んとなります。

コラーゲンが常に生まれ変わって代謝すればハリは維持されます

たるみ毛穴ができるってことは、コラーゲン生産が間に合っていないのです。

【原因2】年齢以外のコラーゲン劣化原因が多い

30代を過ぎると同世代感で見た目年齢に差が出てきますよね。

なんでかというと、年齢以外の肌老化原因に差がつくからです。

例えば紫外線

海のレジャーにいそしんでいた人と、インドア派の人では紫外線量が桁違い。

紫外線は強力にコラーゲンを破壊します。

20代のときはコラーゲンが破壊されても、作り直す量が多かったからたるまなかったんです。

でも30代になると再生力が落ちてくるので、

コラーゲン破壊量 >>> 再生量

となってしまいます。

これはインドア派の人だと、

コラーゲン破壊量 >= 再生量

なので、そんなにたるみ毛穴に悩みません。

【原因3】コラーゲン再生力を邪魔する日常生活

よく寝たら肌って調子が良くなるでしょ?

あれって肌細胞の生まれ変わりが活発になるからです。

でも現代人って基本寝不足。

特に最近は寝る直前までスマホを見ていますよね。あの強い光が脳を覚醒してしまい、深い眠りにつけなくなるのです。

その結果、肌再生に必要な深い睡眠時間が減ってしまいます。

長時間寝た場合は、全体の睡眠時間に引きつられて深い睡眠時間も伸びているだけ。いわばごまかしです。

別に5時間の睡眠でも肌は綺麗にできます。質さえ良ければ。

ただ、たるみ毛穴に悩んでいる人の大半は、深い睡眠が取れていないのです。

その原因はストレスや心配事も多いですが、特に最近はスマホですね。

なぜヒト型セラミドでたるみ毛穴が目立たなくなるのか?

ヒト型セラミド美容液に、たるみ毛穴を直接改善する効果はありませんよ?

そんな化粧品どころか薬さえ存在しません。

ただ、ヒト型セラミドは、さきほどのコラーゲン悪化原因の1と2を解決する力があります

1と2が解決されれば、後は3の力で増やすだけです。

別に大したことはありません。

それを実現するのがヒト型セラミド美容液ってだけです。

【疑問1】なぜ化粧水じゃなくて美容液なのか?

セラミドは水にも油にも溶かしにくく、かなり複雑に処理しないと高濃度に配合できません。

特に一番効率が悪いのが化粧水です。

配合はできますがコスパがかなり悪い。

逆にクリームは配合しやすいです。

ただ、セラミドブランドのほとんどは美容液がセラミド最大濃度です。

特に優秀なブランドほど美容液です。

ヒト型セラミドが高濃度で浸透しやすいのは美容液だと覚えておけばO.K.です。

【疑問2】どういう理屈でヒト型セラミドが効くのか?

たるみ毛穴には直接の効果はありません。

ただ、肌のバリア機能を高めるからです。

肌は紫外線や、その他摩擦刺激などからコラーゲンなどを守る機能を持っています。

顔の皮膚は薄いのでバリア機能が体より弱いです。

だから肌荒れって顔中心に起きるんですよ。

でも、セラミドが多い肌は肌荒れしにくいんです。圧倒的に。

同時に、紫外線や摩擦刺激にも強いです。

これらの刺激がコラーゲンやエラスチンを壊します。だから、ヒト型セラミドでバリア機能が高まることで、間接的にコラーゲンの減量が防げるってわけ。

もっと簡単にやるなら、ずっと顔全体が隠れるようにターバンでも巻いていればいいんです。

布が刺激をカットしてくれるので。

でも日本人はそうもいかないでしょう。湿度が高いし。

そこでセラミドですよ。

誰もが平等に持っているバリア機能。その秘訣がセラミド。

それが一番効率よく補えるのが美容液なんです。化粧水じゃダメ

ヒト型セラミド美容液はどれくらいで効果が出るの?

純粋な効果は半年以上かかるはずです。

ただこれは、コラーゲン減少原因3.で示したように、睡眠の質でもかなり変わります。

あとタンパク質の量も。

コラーゲンはタンパク質ですからね。

ダイエット中であまり食べていない人は注意。プロテインもありですよ。

でも、見た目だけの効果ならすぐに出ます。かなりわずかな効果ですが。

たるみ毛穴と言っても、結局は肌表面が開いているかどうかです。

それを決めるのはコラーゲンじゃなくて角質です

角質は水を含むと膨らんでふっくらします。水を確保してふっくらする理由はセラミドです。

セラミドが少ないと角質はカサついてぺしゃんこになり、毛穴がより開いて目立ちやすくなります。

ヒト型セラミドを塗っておけば、角質のふっくら感が増してたるみ毛穴の印象がマシになります

たった0.1mm以下の変化でも、肉眼レベルではむちゃくちゃ変わります

特に普段乾燥肌、かさつきが気になる人は効果抜群です!

どんなヒト型セラミド美容液を選べばいいのか?

ヒト型セラミド美容液の選び方は、やはりある程度の濃度が配合されているもの。

ただ成分表を見ても濃度パーセンテージが分かりませんので、ブランドの中身で判断するしかありません。

セラミド配合をメインとしてアピールしているブランドなら、効果が出る濃度が入っていると推測されます。

ただ、セラミドはかなり低濃度でも効果があるため、安いからダメってわけでもありませんよ。

あとは以下条件が理想。

【選び方1】ヒト型セラミドだけ選ぶ

まず絶対にヒト型。

馬セラミドがいいって話もありますが、高価なだけでヒト型には劣ります。

あんなの都合のいいデータだけ引っ張ってきているだけ。コストが高いしヒト型より落ちるので自己満足です。

悪くはないんですけどね。

疑似セラミドってものもありますが、あれはセラミドとは別種です。

【選び方2】ナノ化処理されているもの

次にナノ化されているもの。

セラミドは人の肌に浸透しやすい成分ですが、それでも通常サイズだと入っていきにくい。だからナノ化処理がされていると浸透効率が上がります。
何かしらの処理がされていたら理想だなくらいで。

【選び方3】セラミド1 or 同種類成分配合

セラミドは、1~11くらいまで細かく分かれています。

その中でもバリア機能に不可欠なのがセラミド1です。

バリア機能がぶっ壊れた肌ってアトピー肌の人なんです。だから常に赤くグシュグシュ。何かしらの原因でセラミドが破壊される肌質なんです、あれは(未だに完璧な解決策がない)。

セラミド1が配合されているかいないかで、肌のバリア機能はめちゃくちゃ差が出ます。

ただ原価がべらぼうに高いので、本気でセラミドを信じているブランドしか入っていないです。

最近はセラミド原料も落ち着いてきたのか、昔よりかなりセラミド1配合が増えましたけどね。

もしくは、別の形でバリア機能を高める成分が含まれているのもあり。

極端に言えばワセリンなんかバリア機能を強力に発揮しますが、セラミドと違って肌表面にしかつかないので不快だしニキビができやすくなることも。

【選び方4】できれば色んなセラミドが配合が有利

セラミドは1、2、3、6Ⅱが一般的です。

他にも9とか入っている場合がありますが、とにかく種類数は多いほうが効果が出やすいです。

人の肌にあるセラミドは全種類ありますからね。特定のセラミドだけよりは馴染みがいいです。

ヒト型セラミド化粧品のブランドは?買うお店は?

上記を満たすブランドなら何でも構いません。

ただ、プチプラはほぼ対象外です。

プチプラがたるみ毛穴に意味がない理由

なぜならヒト型セラミドが高価だから。プチプラの時点で無理です。

プチプラの価格でまともなヒト型セラミド濃度を実現しようとすると、相当コストカットして利益も薄くしないと無理です。

原材料費の低下が進めば可能ですが、今の段階では考えられません。

最低3,000円はします。まともなヒト型セラミドコスメ美容液なら。

得にセラミド1が入っている場合はより高価なので、プチプラで何とかしようと考えるのはやめましょう。

毎月のトータルコストを下げるなら、セラミド美容液にお金をかけて、化粧水やクリームなどは安く抑えればO.K.ですよ。絶対にそっちのほうが綺麗になります。

デパコスは意外とダメ

プチプラがダメだからとといってデパコスまで必要ありません。

というよりデパコスは思っているほど効果ありません。

そもそもデパコスはヒト型セラミドを採用していないのがほとんど。ブランドイメージと容器代が価格の半分なんて言われているくらいなので、使い続けるにはコスパが悪すぎます。

でもデパコスを使っている人は綺麗だよ?

という疑問に対しては、やはり美意識の違いのせい。デパコスで綺麗になっているわけじゃありません。

デパコスを使えるだけのお金の余裕がある人は、デパコス以外の美容習慣も高いレベルであることが多いです。

デパコスを使えばキレイになれるって思った人が、軒並みに効果がなかったというのはこういうカラクリです。

ましてや、たるみ毛穴に効くかというと、特段そういった効果も期待できません

たるみ毛穴で悩んでいない人で、既にそこそこの美肌の持ち主が使ってこそデパコスは活きます。美容上級者用です。あれは。

韓国コスメは日本人に合わないしたるみ毛穴にも関係ない

韓国コスメも避けたほうがいいです。

韓国人の肌は日本人の肌よりかなり強いです。

そして配合成分の規制も日本と違います。韓国コスメを使ったからといって彼女たちの肌になれるわけじゃありません

韓国人に毛穴が目立たないのは、

  • そもそも寒冷地で毛穴が引き締まりやすい
  • ニキビ一つで皮膚科に行くから肌を痛めづらい
  • 肌のキメが生まれつき日本人より細かい傾向がある

といった違いがあるからで、韓国コスメが優秀な効果を持っているわけじゃありません

むしろ刺激が強くて余計にコラーゲンが破壊されるだけの場合も。

ドラッグストアは選べばいいコスメがあるけど……

ドラッグストア=安物

というイメージの人もいるでしょうが、それは間違い。

ドラッグストアに置いてあるコスメは基本安いものが多いですが、安いから良くないってこともありません

案外といい製品も多いです。

ドラッグストア展開で売るため、そんなに容器や宣伝広告費にお金をかけていないためです。価格の割に中身がいいコスメは結構あります。

ただ、どうしても万人向けの内容であることが多く、使い心地優先のものが目立ちます。

本来、肌を変えようとしたら使い心地より「効果」を優先するべきですが、ドラッグストアで売れるコスメで使い心地がイマイチだと売れません。

効果がすごいとしても、ドラッグストアで買う購入者層にとっては使い心地が悪けりゃリピートがありません。

効果を求めるならドラッグストア以外で探しますからね。

では、たるみ毛穴に関してはどうか?というと、やはり期待できるコスメは見当たりません

ただ、例えば富士フィルムのヒト型セラミドコスメであるアスタリフトのジェリーアクアリスタみたいなコスメは例外

一部ドラッグストアでも売っていますが、これは内容的に使えます。

ドラッグストア=安物でダメ

ってことはないので、やはり中身を見て判断できる知識が必要ってわけ。

まあアスタリフトはそもそも高価なので安くないですけどね。

現実的に使う価値ありなバリア対策コスメ

いろいろありますが、やはりトライアルできるかどうか?ってのが重要。

ヒト型セラミドコスメは基本的に肌質を選びません。

ただ稀に合わない、使用感がマッチしないことは当然あります。いきなり本商品を買うよりはトライアルで確かめたほうがいいです。

複数のトライアル商品をいくつも連続して使うのもあり。

それだけで2ヶ月くらい使えますしね。

重要なのはヒト型セラミドなので、そこさえしっかりしているコスメなら違うブランドでも効果は確認できます。

以下は私が実際に使って、セラミド濃度が高いことを実感したものです。

ドラッグストアで大手薬品ブランドのセラミド配合乳液もいろいろ試しましたが、やはりセラミド濃度が少ないなという印象でした。1,000円とかですしね。さすがに。

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

ヒト型セラミド1を含む3種類配合。

フィルム製造技術を転用した特殊な浸透感。資生堂でもSK-IIでも類似品が手に入らないアイテム。先行美容液のセラミド化粧品はこれだけ。ダイレクトにセラミドが入っていくので、最も効率よくセラミドケアができるジェリー美容液です。

価格は高いですが、なんだかんだでリピーターが多いのが特徴。

ジェリーのハリ維持効果で、軽いたるみ毛穴なら目立ちにくくなります。塗った感がほぼ残らないのに乾燥を忘れる快適さが強く、トライアル終了後に違和感を感じるはずですよ。本商品購入を検討せざるを得ないのは確実。

ETVOS モイスチャーライジングセラム

ヒト型セラミド1を含む5種類配合。

化粧水にはセラミド未配合なように、やはり化粧水じゃたるみ毛穴解決は無理なのが分かります。

内容を見ると一見濃厚そうに見えるのですが、油分感がない乳液みたいなテクスチャー。非常に軽いです。

あれこれ使わないと不安になってしまう人も納得の成分種類。メインはセラミドですが、ビタミンCなど多種多様な美容成分は安心感があります。

中身と価格のバランスが非常によく、使い勝手も良いことから長期利用者が多いです。価格重視なら検討は外せないアイテム。

肌がくすんでいる人向け
DECENCIA アヤナス

DECENCIA アヤナス

ポーラの子会社ブランド。敏感肌専門ブランドとして立ち上げられており、親会社のポーラと違ってセラミド重視の内容です。

一方でポーラはコラーゲンの劣化防止や再生研究でトップレベル。刺激リスクがあるレチノールを用いずに同等の期待をもたらすオリジナル成分を開発し配合。

ポーラの高級ラインで培われたコラーゲン技術が一般的価格のDECENCIAにも採用されています。すぐにどうこうってわけじゃありませんが、使い続けていく人だけメリットを受けられます。

特にDECENCIAはバリア機能維持に長けており、セラミド1種類ながら独自技術で刺激からカバー。くすんでいた肌色がスッキリして見た目年齢の印象を変えてくれます。

もし知らぬ間の刺激がたるみ毛穴に繋がっていたなら、アヤナスを使い続けることで変化がでてくるかも。

【たるみ毛穴原因1】を何とかするためには?

たるみ毛穴は、

【原因1】コラーゲンの再生力
【原因2】コラーゲン破壊要因
【原因3】コラーゲン再生の生活環境

これらが組み合わさって真皮層がたるみ、毛穴が重力に負ける現象でしたよね。

ヒト型セラミドはあくまで見た目+原因2のカバーまでです。

原因1が落ちていると、予防にはなるけど改善は無理です。

じゃあどうすりゃいいのよ??

答えは、自分のできる範囲の対策を続けること。

結局は「お金」です!!

幹細胞コスメは期待薄

人の体にある、細胞の元になる工場みたいな細胞。それが幹細胞。

これを改善した部位に与えることで、自力では復活しなかったコラーゲンも復活。たるみ毛穴が元に戻るというわけ。

ただ……

幹細胞自体に効果はあっても、それがコラーゲンがある部分に浸透するかというと……

せめて美容皮膚科での処置が望まれますが、幹細胞自体に否定的な皮膚科医も多いのであんまり期待しにくいです。

幹細胞コスメの流行りは、ただ単に流行りで終わる可能性もあります。もっと先の技術かも。

レーザー治療は効果続けていけば効果あり

レーザーを当てると、コラーゲンを作る線維芽細胞が温められます。

熱を浴びると線維芽細胞が

「なんかやべえ!」

と活性化して、普段よりコラーゲンを多く作るようになります。

濃いシミを飛ばすためのレーザーとは違い、広範囲に弱めのレーザーを当てるだけ。基本的に痛くないので怖くありません。

たるみ毛穴になると、レーザートーニングではちょっと出力が弱いです。

できればウルセラやタイタンといった施術が有効。

ただ……

効果が出ても半年くらいがピークです。その後は元に戻っていきます。1年位はなんとなく持つかな?って感じで、半年までが一番たるみが少なくなります。

ということは、定期的に続けないといけないんです。

じゃあ価格は?

というと、半年で30万くらいです。

一般家庭の女性がやるにはちょっときつい……

頑張って施術を受けて効果が出ても、半年後には元に戻ってきて自分の顔が急激に老けたように見えます。

するとまたやりたくなります。お金がいっぱいいります。

シミ治療のレーザーと違って、たるみ治療はお金がずっとかかることを分かっていない人が多いんですよね。

イオン導入

美容皮膚科でやるならこれが現実的かも?

1回2,000~5,000円くらいでできます。

イオン導入の価格

通常では浸透しないビタミンCなどの美容成分を、プラスマイナスの電子の力で浸透させる技術。

たるみ効果はレーザーには遠く及びませんが、透明感やシミなど自然な美肌効果が得られるのでメリットが多いです。

価格的にまだ続けやすいのもいいですよね。

ピーリング

ピーリングしたら毛穴がきれいになるというイメージがありますが、一時的に毛穴が目立たなくなるだけで治ったわけじゃありません。

頻繁にやると肌が薄くなって余計にコラーゲン破壊が進みます。

目的は違いますが、そもそもケミカルピーリングをする人が減っているという背景もあるみたいですね。

たるみ毛穴には特に効果もないですし、考えないほうがいいです。

ケミカルピーリングの治療を終了します。

レチノール

レチノールはビタミンA誘導体。肌の中でビタミンAに変化して作用します。

ビタミンAは線維芽細胞を活性化させてコラーゲンを増やす作用があります。

アメリカではハリウッド女優が使用しているとしてよく紹介されます。

欧米人の顔立ちは日本人より立体的なので、コラーゲン劣化が少し起きただけでたるみが目立っちゃいます。

そこでレチノールが使われます。

レチノール自体は酸化しやすくて刺激も発生しやすいので、欧米人より肌が薄くて弱い日本人には向いていません。なので最近まで大手ブランドもほとんど採用していませんでした。

ただ、資生堂がエリクシールでシワ改善美容液を発売。これがレチノール。

これで日本人にもレチノールって言葉が以前より浸透したかな?って感じです。

本当は高濃度でやれば効果が出やすいのですが、そうすると間違いなく刺激や炎症を起こすので、日本人にはちょっと扱いづらい成分なのは変わりませんね。

資生堂はレチノールが変質しないように容器を工夫してクリアしています。

美容皮膚科でも保険適用外でトレチノインクリームが処方されます。これはレチノールの100倍の作用。通常はシミ治療のハイドロキノンと併用するもので、たるみ解消には使いません。もし使ったら……塗った部分が赤くなって皮むけしますね……

自宅で試せるレチノールコスメ

レチノールはトレチノインと違ってマイルドです。

ただ肌質に合わない人も多い。

そこで大手ブランドはみんな避けてきて、唯一資生堂くらいが取り組んでいました。

その結果生まれたのがシワ改善機能が認められた純粋レチノールのエリクシール。

ただ、その遥か前から純粋レチノールのクリームを販売し、人気商品となっていたのがb.glenです。

ここはリポソームという医薬品の浸透カプセル技術の権威が社長。ガチの研究者がブランドトップなので、成分内容と浸透技術がずば抜けています。

扱いづらいレチノールを簡単に誰でも使えるようにしたのがQuSomeというリポソーム由来の浸透技術。

さすがに、たるみ毛穴が消える!なんて効果はありませんが、余裕があれば1年以上続けたいのはこれ。

やるかやらないか?

で言ったら、やったほうが絶対にいいのは分かりきっていますしね。

アメリカでは一般的
b.glen QuSomeレチノA

b.glen QuSomeレチノA

レモンっぽいほのかな香りのクリーム。クリームと言っても美容液みたいに馴染んでベタツキ感ゼロ。

皮膜感がないのに肌がしっとりして安心感があります。

QuSomeなので刺激を感じる人はかなり少ないと思います。Amazonでレチノールの美容液が安く売っていますが、開封したら変性が始まるので効果を失ったり刺激の元になります。結構短期間勝負ですよ。あれは。

その点でQuSomeは酸化しにくいb.glenだけの仕組み。手軽に長くレチノールのパワーを取り入れることができます。

今すぐ!!今からできる速攻たるみ毛穴改善方法

たるみ毛穴がもし改善したとしても、その効果を実感するには若くても3ヶ月~6ヶ月は絶対にかかります。

じゃあそれまでどうするのよ!?

と怒っている人向けの情報をお伝えします。

1.頭から首にかけての筋肉のコリ解消

たるみ毛穴は頬肉の垂れですが、垂れているわけじゃなくて、引っ張りが足りないだけの場合もあります。

頬肉はそれ自体で自立しているわけじゃないんです。

耳付近から後頭部にかけての筋肉の緊張によって引っ張られています。

ところが、スマホやパソコン作業が長いと頭が下を向きます。

すると、この頬肉を引っ張っている筋肉が緩みます。

筋肉は使われないと次第に衰えてきます。

その結果、頬肉が緩んでたるみ毛穴が発生します。

なので、この筋肉の動きを取り戻すだけでたるみ毛穴が大幅に消える可能性があります。

耳の下の裏に指を当てて、少し後ろにズレると骨がない部分に当たります。

ちょうど頭蓋骨と首の境目。

ここを親指でマッサージ。

あとは、手のひらで頭の凌駕を包むように挟み、軽く押さえつつ後ろにズラす。

これで後頭部と首のコリが解消して、一瞬で顔のたるみが改善されます。

普段デスクワークが多い、姿勢が悪い人ほど効果が出ますよ。

続けていくと、だんだんとたるみが解消されたポジションが固定化されてきます。

2.ハリを維持する美容液を使う

肌のたるみ解消にテープを使う方法がありますよね。テープが見えづらいやつ。

いわば釣り上げているだけなのですが、あれをやると他の部位も引っ張られて不自然。整形フェイスになります。

ほどほどにすればいいのに、もっと!となってやりすぎる人が多い。

それに、明らかにたるみが消えると他人にバレバレですよ?

1mmでもたるみが持ち上がれば見た目年齢はめちゃくちゃ変わります。

だからハリ維持の美容液で十分。

たるみ毛穴が消えるわけじゃありませんが、印象はかなりマシになります。それくらいで十分です。

ただ、ハリ維持効果がある美容液はポリマー樹脂が多く入っています。

基本的に皮膜感があって重い、テカりやすい、ファンデーションがヨレやすいデメリットがあります。

これらの心配がないハリ維持美容液を選ぶのがおすすめ。

第一候補は先ほども紹介したアスタリフトのジェリーアクアリスタ。

かなり軽めのハリ維持効果ですが、フェイスラインがキリッとキープされるので若く見える効果は折り紙付き。

美容皮膚科成分も配合
b.glen QuSomeリフト

b.glen QuSomeリフト

通常はハリ維持を無理やり行う美容液が多いのですが、これはQuSomeを使っているので一味違います。

とても軽くて皮膜感がほとんど残りません。かなり薄いフィット感があるだけ。

ただハリを維持するだけでなく、美容皮膚科で用いられるハリ成分を配合。普通のコスメだと全く意味がありませんが、QuSomeだと意味が違ってきます。

ちゃんと届けたい部位に届くのがQuSomeです。肌の上で遊ばずに中で働くため、毎日使うことで、作られたハリの一部が本物になってくるというわけ。

【まとめ】たるみ毛穴には化粧水じゃなくて○○

  • たるみ毛穴に効果がある化粧水はない
  • たるみ毛穴にメリットがあるのはヒト型セラミド
  • お願い程度だけどレチノールは予算に余裕があれば使う価値あり
  • レーザー治療は一度やるとお金がなくなる可能性あり
  • 美容皮膚科ならイオン導入がおすすめ
  • スキンケアの前に頭と首のコリ解消を試してみて

とにかく、たるみ毛穴に効く化粧水なんてないし、化粧水にお金をかけるなんて無駄。

No.1化粧水のSK-IIだって、スキンケア内容にヒト型セラミドを加えて工夫すればSK-II効果が得られます。

SK-II化粧水は肌水分量を瞬間的に高める効果がすごいんです。でもセラミドがあれば、2万円のSK-IIでなくても同様の効果は得られます。

例えばb.glenのQuSomeローションなんかSK-IIと似た効果がありますし、ヒト型セラミドと組み合わせるとたるみ毛穴はかなり誤魔化せます。

セラミドが多い肌をキープしてコラーゲンが作られやすい肌環境を年中維持!

しっかり睡眠を取ってコラーゲンが再生されるのを促しましょう。

栄養ならビタミンCサプリメントは食後に定期的にとるのがおすすめ。塗るのもいいですが、その場合は純粋ビタミンCじゃないとダメですよ(イオン導入は別)。

※純粋ビタミンCはオバジかb.glenのどっちかです。

紹介したコスメ一覧

1.【アスタリフト】ジェリーアクアリスタ
ヒト型セラミド配合はジェリーアクアリスタ先行美容液だけなので注意してください

2.【ETVOS】モイスチャーライジングセラム
クリームにもセラミドが入っています。ただ内容的に美容液のほうが上だし扱いやすいです。

3.【b.glen】レチノA(純粋レチノール)
資生堂のエリクシールも使えますが、総合的に中身はこっちに軍配。ブランド知名度は圧倒的に負けてますけどね。

4.【b.glen】QuSomeリフト
見た目のハリ維持効果があるし、中で作用するハリ成分があるのはb.glenだけ。

上記だけがいい!ってわけじゃありません。

別に他のコスメでも全く問題ありません。一例ですが、特に、と思えるものを掲載しています。

とにかくバリア機能を高めるためにヒト型セラミドは必須。

それだけ若干ですがたるみ具合がわかりにくくなりますし、将来的な予防効果もあります。

プラスαするならレチノール。

すぐに見た目改善したいならハリ維持美容液。

同世代での見た目年齢差は、かなりバリア機能差が効いています。

秋冬に乾燥して仕方がない人は、間違いなくこれからたるみ毛穴が悪化します!理由はバリア機能不足(=セラミド不足)だからです。

これは覚えておいたほうが良いですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加